Category: 生活

25 9月 2014

夕飯までの少しの時間の出会い  0

お昼間は少し汗ばむ陽気で、あまり外に出たくない気温と日差しだった。3時をまわった頃から、風が少し出てきて、だんだんと涼しくなってきた。そうなると気持ちも少し外に向くようになってくる。夕方。5時をまわった頃、用事がひと段落ついたので、少し散歩に出かけることにした。散歩をしてから、足りないものをスーパーに買いに行こうなんて小さな計画を頭に描きながら、いつもの河原まで出かけてみた。たくさんの人がウォーキングや、ジョギングなどを楽しんでいた。ふと川の中に目をやると、何かポコポコしたものが一筋、上流の方に上っていくのが見えた。気になりながらも歩いていると、その筋がこっちに近づいてきた。よくよく見ると、カモの親子ではないか!親を先頭にコガモが7匹。親の後を一生懸命ついて泳いでいる。時折、親は後ろを振り返り、コガモの様子をうかがっていた。もう、愛らしくてたまらない風景だった。一緒にこの一家の住家までついていきたい気持ちになった。大雨が続いて、川も増水したりしていたけど、そんな自然の厳しい環境の中でもこうして親子元気に泳いでいる姿に、動物の生存能力の高さを感じ、同時に、このかわいらしい動物に癒しを得られた瞬間だった。

15 9月 2014

赤ちゃんと一緒に児童館へ  0

うちの赤ちゃんは8ヶ月。そろそろ他のお友達とも遊ばせたいので、近所の児童館へ出かけました。
バスで二駅程度の距離ですが、歩いて行くのは大変なので乗ります。うちの赤ちゃんは車が大好きなので、バスの中でキョロキョロしていました。
ほどなく児童館に到着。二歳くらいの男の子と女の子が遊んでいました。仲間にいれてもらうと、びっくりした様子の赤ちゃん。とてもかわいいです。
男の子と女の子は走り回って遊んでいましたが、赤ちゃんにも興味があるようで、頭をなでたりおもちゃを渡したりしてくれました。
赤ちゃんはというと、最初は驚いていましたが、次第に慣れてきたのかきゃっきゃっと声を出して笑っていました。
可愛い表情が見られて、いった甲斐がありました。また行きたいです。今度は同じくらいの赤ちゃんがいるといいのですが。

12 7月 2014

味噌汁に唐辛子は有りなのか  0

友人と話していると、その中の一人が味噌汁に唐辛子を入れる人だというのが発覚しました。
そういう人も居るらしい、と噂には聞いていましたが、まさか友人がそうだとは思いませんでした。

その友人は唐辛子を入れたほうが美味しいと力説していましたが、今一信用なりません。
なので、自分で入れて確かめてみることに。
友人曰く、多めに入れたほうが良いとの事なので、社食の味噌汁に、備え付けの七味唐辛子を数回振ってみました。

実際結構風味が変わりましたが、味噌の香りと味が損なわれた感じで、個人的には今ひとつ。
今ひとつなだけで、思ったよりは悪くなかったんですが、やっぱり唐辛子は、味噌より醤油系の味の方が相性いいと思います。
私は多分二度としないと思いますが、否定するほどの食べ方でもないかな、と言った感想です。

21 4月 2014

自宅での地震に備えて  0

自宅での地震に備えて、逃げるときにすぐに持ち出しができるように玄関の近くに貴重品をセットしておくということも考えたのですが、私が非常用に持ち出しやすいということは、泥棒が入ったとき、泥棒がそれに気付けば、簡単に持ち出されてしまうというリスクもあるなあと。でも、とっさに逃げるときになってあれこれ用意しても間に合わないから、玄関に近い場所に非常持ち出し袋を置いておこうと決めました。そのなかに入れるものとしては、現金、通帳、懐中電灯、非常食、靴下、下着、軍手、マスク、ティッシュ、ライター、生理用品、等など。もっと必要なものはあるでしょうが、そのうち思いついたら、足していきたいと思っています。しかし、今書きあげただけでも、結構な量になります。非常食といっても、何日分かで、また、家族4人分となると、相当な量になります。持ち出し荷物を分散して、素早く判断して、みんなで協力しあって脱出ということになりますね。

17 4月 2014

バリアフリー新法その後  0

2006年にバリアフリー新法が施行されました。バリアフリー新法というのは通称で、正式な名称は「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」という、とても長い名前の法律です。その法律名の通り、高齢者や障害者等の自立した日常生活、社会生活を確保するための法律で、公共交通機関の旅客施設や車両など、道路、路外駐車場、公園施設、建築物の構造および設備を改善して、高齢者、障害者等の移動上、または施設の利用上の利便性、安全性を向上させる目的があります。これは、とても広範囲に改善されなければならないもので、アメリカでは、90年代はじめに既に実施されて、様々な場面で、かなり強制的な改善がなされました。アメリカでは、民間も含めての改善だったので、たとえば、民間のレストランやカフェがバリアフリーになっていなければ、改築工事をしなければならないということに。日本でも一応、公共、民間どちらの場合も改善が必要ですが、私がざっと見渡したところ、まだまだ改善の余地はいくらでもあると感じます。

07 4月 2014

新しい年度がスタート  0

4月、新しい年度がスタートしました。と書くと、日本では違和感ありませんが、世界のすべての国で、4月が新しい年度とは限りません。年度というのは、企業の会計年度や学校年度(学事年度)があります。アメリカの会計年度は10月から翌年9月までですが、決算期はバラバラで、その点に関しては、日本の企業と同様です。また、暦年と同じ1月から12月までを会計年度としている国があります。たとえば、中国、韓国、フランス、ドイツなどです。日本と同じ4月から翌年3月までのパターンは、イギリス、カナダ、インドなどです。ノルウェー、フィリピン、オーストラリアなどは、7月から翌年6月までが会計年度となっています。というふうに、会計年度は国によって異なっています。子供の頃、「年」と「年度」の違いがよくわかりませんでした。今は分かっているけれど、よく考えると、どうして年と年度が違うパターンになるのか、その根本的な理由はよくわかりません。合理的に考えたら、年と年度は一致しているほうがいいような気がしますが。

25 2月 2014

食後のデザートは欠かせない  0

私の家では、食後のデザートは欠かせません。旦那がかなりの甘党で、食後に甘い物を欲しがることから、毎食後、甘い物を食べるようになりました。しかし、やっはり太りますね。毎食後はやめて、一日一回、あるいは、数日に一回のデザートにしたほうが、健康にいいと思うと旦那に進言しました。しかし、旦那は納得しません。太っても全然OKだから、デザートはかならず食べたいと言い張ります。多くの人は、太ることがOKとは言わず、一応、体形を気にするように思いますが、旦那は違います。世間のダイエット志向に反発すら覚えています。痩せた女性よりも、ぽっちゃりとした女性のほうが女らしくて、可愛くていいと断言します。だから、私がダイエットすることにもいい顔をしません。むしろもっと太ったらいいとさえ言います。私は、それだけはイヤだと言い張って抵抗しています。でも、だんだんと旦那のペースに巻き込まれて、デザートの誘惑に負けることが多くなり、まあいいか、という気分になってきています。

06 1月 2014

年末年始は実家に帰省  0

実家に帰省したら、ほっとする面もありますが、いろんな人に挨拶に出向かないといけなくて、それが面倒に感じたりもします。旦那の実家では、そういう風習はなくて、あっさりしています。家族と団欒して、それでOKという感じなので、私としてはとてもラクです。自分の実家の場合は、近くにいろいろと親戚がいるために、挨拶まわりの風習が残っているということに。
短い年末年始のあいだに、旦那の実家と私の実家、どちらも訪れるのが定番の過ごし方です。どちらの実家にも帰省せずに、たとえば、家族だけで海外旅行でもしたいものです。
仮に「今年は家族旅行するから、帰省はしない」と親に言ったら、きっと、悲しむだろうなと分かっているので、そういうことはできませんが。普段、近くに住んでいて、実家と行き来があるなら別だけど、頻繁に会える距離でもないから、正月だけでも親と会うのが義務というか、そうした方がいいと思ってはいます。旦那も同じ考えです。

22 12月 2013

素人と間違われてスカウト  0

素人と間違われてスカウトされる芸能人がわりといるようです。たとえば、先日、タレントの篠原ともえが渋谷でスカウトされたようです。彼女はそのことを自身のツイッターで明かしました。篠原ともえ本人だとは気付かないけれど、オーラがあったということなのでしょうね。テレビで見る彼女のファッションはちょっと変わっていて、個性的です。普段の彼女はどうなのか知らないけれど、ちょっと一般とは違うファッションだと、それだけで注目されてスカウトということもあるかもしれませんね。
それから、タレントのアッキーナ、南明奈も以前スカウトされたことがあるようです。彼女はマスクをつけていたようです。マスクしていたら、本人だとは分かりにくいけれど、やっぱり雰囲気があって、スタイルがいいし、目立つのでしょうね。アッキーナは以前に比べてテレビ番組への出演は減っているけれど、CMではよく見ますね。ちなみにスカウトされて悪い気はしなかったと本人談。

06 12月 2013

旦那はやきもちをやいてくれない  0

私はやきもち焼きなので、旦那がちょっと女性の人と話しているとムカッときてしまうし(当然そんなことでとやかくは言いませんが)そんな自分に自己嫌悪もしてしまう。
逆に不思議なのは旦那はやきもちを妬かないのかなぁ・・・と。まぁ私自身にやきもちをやかせるような事態がないのが悲しいところ。
以前には旦那がママ友にメールを送っていたことが発覚し離婚直前のケンカにもなりました。そのときは旦那に何も悪気がないところがむかっ腹が立った。本人は下心が無かったからなんだろうけど、下心が無いから何をしてもいいわけじゃない!
しかも「お前も男友達と遊んだらいいのに」だって。
そんな友達もいないし、だいたい結婚して子供のいる女と遊ぼうという男なんて大嫌いだし。
悲しいかな良くも悪くもギャフンと言わせられないところが悔しい。
嘘でもいいから、私と一緒に旦那とやきもちを妬かせてくれる計画に乗ってくれる人が欲しい。
ネットで検索すると意外にも私と同じような悩みを抱えている人がいて「わかるなぁ」と思ってしまった。
でもその相談の回答は、もっと魅力的になって旦那に惚れ直させようというもの。健全でそのほうが確かにいいよね・・・と納得してしまいました。

22 11月 2013

取り扱い説明書のファイル  0

家電などの取り扱い説明書って、家電が増えると当然、説明書も増えます。中には簡素な薄っぺらい説明書もありますが、逆に分厚いタイプもあります。また、付属のCDやコード、保証書などもあります。それらをまとめてファイリングしたいのだけど、説明書はサイズがまちまちで、その他の付属品もあるし、整理がしづらいです。なにかいい方法はないものかと思案しても、いいアイデアが浮かばず、結局、大きめの箱に全部ごちゃまぜにして入れてあります。家電が故障したり、使い方が分からなくなった場合、その箱をあけて、中にある説明書を探すのですが、ごちゃまぜなので、探しづらいです。そしたら友達が「大きめのしっかりした作りの、収納に便利なファイルがあるよ」と言って、たまたま一緒に事務用品の店に行ったときに教えてくれました。それはジャバラ形式のファイルで、一つ一つの袋がしっかりしていて、大きく扇形に開くから、差し込む時も、取り出す時も便利そうで、気に入りました。取り扱い説明書と保証書をセットで収納し、他の付属品の収納はまた別に考えます。

04 11月 2013

ミカンが大好き  0

うちの家族はミカンが大好きだ。旦那を始め子供2人ともミカンはよく食べる。冬になると旦那がミカン食べたい。っと言いだしていつも買ってくる。長女はイチゴとミカン以外は果物食べない。次女は何でも食べて見る子で、その中でもミカンが好きみたいで見つけると何個も食べるので隠したりしている。旦那もミカンは大好きで箱買いしようかっと言ってくるけど、そんなの次女が見つけたら大変なことになるので買わないと言ってある。私はミカンはたまにしか食べない。柿とか梨とか剥かないと食べられない物が好きだ。柑橘系は最近は食べなくなった。でも、ミカンは出来るだけ買っててあげようとは思って買う。スナック菓子を食べるより果物を食べてくれた方がいいなっと思っている。特に長女は野菜もほとんど食べないからなおさらで、果物ぐらいはと思っている。今年はミカンが常に置いてあるかなっと思っている。ダメにならないように気を付とかなともったいないしね。

20 10月 2013

運命の人との思わぬ出会い  0

だんなとの出会いは24歳のとき。同時イギリスのカレッジに語学留学をしていた私は、友人と一緒にジャズを聴きに行った。会場はあるホテルのラウンジ。ドリンクを買いにバーへ行くと、35歳ぐらいの背の高いイギリス人男性が話しかけてきた。彼の名前はショーン。「学生?何勉強しているの?」「どこから来たの?」と聞かれ、たわいのない話をしているうちに、意気投合。日本人がギネスをパイントで飲むということがよほど気に入ったらしく、ショーンとショーンの友人ジェームスと私と私の友人ナタリーで飲むことになった。ショーンはノリがいいが、リバープール出身でなまりがひどく、会話をするのは苦痛だった。正直いうと、外見はショーンよりジェームスのほうが私の好みで、私はジェームスと話をしたかったのだが、彼はナタリーとの会話に夢中で私には振り向きもしない。そうこうしているうち、ジャズのコンサートが始まり、ジャズをバックミュージックに踊ることになったものの、もちろんジェームスと踊れるはずもなく、私はショーンと踊ることになった。ダンスの最中、何度もジェームスに視線を送ってみたものの、ジェームスはナタリーに夢中のようで、まったく効果なし。結局、話すチャンスもなくコンサートが終わった。タクシーに乗って帰ることになったのだが、ラッキーにも私の住んでいた家とジェームスの家が近かったため、一緒にタクシーをシェアして帰ることに。帰りのタクシーの中、ジェームスからの思わぬ質問があった。「ショーンのこと好き?」とジェームス。酔った勢いでとっさに「私がすきなのはジェームスよ」と私。その日から大恋愛が始まったのは言うまでもない。あとからジェームスに聞いたところによると、ジャズを聴きに行った日、ジェームスはショーンとコインを投げて、どちらが私と話をするかを決めたらしい。それでジェームスが負けたので、ナタリーと話していたのだとか。何はともあれ、ジェームスは今は私のだんなです。

12 10月 2013

秋服の買い物をしてきました  0

今日は秋服のお買い物に出かけました。まだ長袖を着るには暑い日もありますが、そろそろ買うべきかなと思い、いつも行くところへ行って来ました。私は秋のファッションがすごくすきです。夏に比べてタイツや靴下でおしゃれができるし重ね着もおしゃれのポイントだと思います。冬はコートを羽織らないといけないのでせっかく着ても見えなくなってしまう印象があります。今回の買い物ではいろんな服を見ました。わたしは買い物がだいすきなので、足が疲れるぐらい今日は一日歩き回りました。秋らしい色合いのものがたくさんあって、素材も夏より分厚くなって、わくわくしました。私はスカートがすきなのでスカートや、トップスはブラウスやカーディガンなど、やはり秋らしいものを買いました。カバンも欲しいなあと思って見てたのですが、目に留まるものがなく断念。でも方向性はあるので次はカバンと靴を探したいと思います。新しい服で出かけるのを楽しみにしています。

07 10月 2013

昆虫図鑑を見過ぎたために…。  0

虫図鑑を小さい時にすごく見ていました。
昆虫図鑑には結構詳しくいろいろ載っていました。
トンボやチョウチョウの「複眼」のしくみだとか。
チョウチョウの羽を拡大してみるだとか。
カマキリの鎌を拡大するとか。

そんなものを見ていたので、小さいころから虫が嫌いでした。
怖いもの見たさで昆虫図鑑を見ていたんですね(笑)
しかも、昆虫図鑑をみたあとは手を洗っていました。
昆虫が手に付いた気がして怖くって!

そんな私をかつて母が昆虫館に連れていってくれました。
よかれと思ったんでしょうね。
でも、逆効果ですから!
怖いだけですって!

私はギャン泣きしました(笑)
多分4歳とかだと思います。
母はものすごく恥ずかしかったようです。
そりゃあね(笑)

昆虫は都会にいればいるほど、みません。
蜘蛛でさえそんなに出会いません。

でもひとたび田舎に行くと…。
もう最悪ですよ。

今年の夏は旦那のおばあちゃんちに泊りに行きました。
室内に手のひらサイズの蜘蛛が出たりするエリアです。
いやあ、生きた心地がしなかった…。

ちなみに南の方なので蝉もありえない大きさでした…。