今日は、2月前に出会い系掲示板アプリで知り合って、セフレとなっている紀代美と会う(エッチする)日です。

出会い系掲示板アプリでセフレ探しで知り合った時、エッチそうな顔をしていました彼女でしたが、その通りで、彼女、とてもエッチでした。

それゆえ、セフレとなってからは、週末には、必ずエッチをしています。

今日も、いつものラブホテルに行き、エッチをしました。

その日も、いつものようにコンビニで、お菓子とか買って、部屋に入ると、いつものように、お互い服を脱ぎ、全裸になると、いつものように、座位の体位で、挿入して、コンビニで買ったお菓子を食べることに。

彼女は、この体位でお菓子を食べるのがとても大好きで、最近は、これが定番になっています。

この体位だと、お互いの顔を見ながら、話したりできるし、ジュースの口移しもできるので、彼女曰く、美味しいものを食べながら、気持ちいいことをするのが、たまんないみたいです。

この日は、生理が近かったこともあり、いつものより感じているみたいで、私が少し動かしただけで、『あ~ん。』と言って、感じていました。

その後、お腹が一杯になった彼女は、一旦お○んぽを抜くと、フェラをしてくれました。

彼女は、自分の愛液がべっとり付いたお○んぽを美味しそうに口に含むと、『グチュ、グチュチュ』とエッチな音を出して、しゃぶってくれました。

それがとても気持ち良く、『すっごい気持ちいいよ。』と言うと、彼女は、『嬉しい。』と言って、さらに大きな音を出して、しゃぶってくれました。

その後、私も彼女のお○んこを舐めたくなり、シックスナインの体勢にしました。

目の前にピンク色のお○んこが現れると、しゃぶりつく私。

すると、彼女は腰をくねらせながらも、フェラをしているのが分かり、興奮した私がもっと舐めてあげると、彼女から、『ダメ、また入れて。』と
言ってきたので、騎乗位で入れることに。

彼女は、お○んぽを右手で固定して、お○んこに入れると、『あああああ、気持ちいいわ。』と言って、すべてのお○んぽをお○んこに収納すると、前後に腰を動かし始めました。

すると、彼女から、『あああああ、いいいい。』と喘ぎ声を何度も言って、感じていました。

その時、彼女のEカップのおっぱいが揺れる様は、とてもエロかったです。

その後、バックをしたのですが、彼女から喉が渇いたと言ったので、寝バックの体位にして、口移しで、ジュースを飲ませてあげました。

そして、そのまま寝バックの体位で、ピストンを始めたのですが、その際、私の右手は、クリトリス、左では、おっぱい、舌は、彼女の性感帯の1つのうなじを舐めてあげると、彼女は、悲鳴に近い声で、『ヒイイイイイイ、ダメ、そんなにしちゃうと、いきそう。』と言ったので、うなじを舐めながら、『いいよ。いっても。』と言ったのです。

そうしたら、彼女から『あああああ、ダメ、いきそう、いく、いく、いっちゃう~。』と言って、オーガムスに達したのです。

その時、彼女の体がピクンピクンと波打つように動き、しばし失神してしまったのです。

その後、しばらく経って、気が付いた彼女から、『この攻撃は、超凄かった。』と言ったのです。

その後、再度、座位をした後、正常位で彼女のおっぱいにザーメンを出したのですが、彼女から、寝バックを再度、して欲しいとの要望があり、しばらく休憩をした後、二回戦をして、彼女が要望した寝バックをしてあげました。

すると、彼女は、また、寝バックをしている際中に、失神してしまいました。

彼女とは、翌朝まで、3回エッチをしましたが、4回失神を体験してしまいました。

帰り際、『寝バック、とっても、気持ち良かった。またしたくなったメールするね。』と言って、別れた日の夜、彼女から、『また、したくなった。』とメールが来ていました。

彼女とは、当分、セフレの関係でいようと思います。

また、掲示板アプリには、こんなエッチな女性が沢山いるようなので、次の女性も確保しておこうと思います。