お昼間は少し汗ばむ陽気で、あまり外に出たくない気温と日差しだった。3時をまわった頃から、風が少し出てきて、だんだんと涼しくなってきた。そうなると気持ちも少し外に向くようになってくる。夕方。5時をまわった頃、用事がひと段落ついたので、少し散歩に出かけることにした。散歩をしてから、足りないものをスーパーに買いに行こうなんて小さな計画を頭に描きながら、いつもの河原まで出かけてみた。たくさんの人がウォーキングや、ジョギングなどを楽しんでいた。ふと川の中に目をやると、何かポコポコしたものが一筋、上流の方に上っていくのが見えた。気になりながらも歩いていると、その筋がこっちに近づいてきた。よくよく見ると、カモの親子ではないか!親を先頭にコガモが7匹。親の後を一生懸命ついて泳いでいる。時折、親は後ろを振り返り、コガモの様子をうかがっていた。もう、愛らしくてたまらない風景だった。一緒にこの一家の住家までついていきたい気持ちになった。大雨が続いて、川も増水したりしていたけど、そんな自然の厳しい環境の中でもこうして親子元気に泳いでいる姿に、動物の生存能力の高さを感じ、同時に、このかわいらしい動物に癒しを得られた瞬間だった。