夜間恒例のウォーキングをしていた時のことです。この日は開始時間がいつもより遅くなったこともあり、手抜きで近くの公園をグルグル回ることにしました。
そうしたら赤い開店灯の光が見え、警察官が何やら慌ただしく駆けていきました。いったい何があったのだろうと不安になりましたが、近くを通り過ぎる時には特に何もありませんでした。
そしてもう一周して戻ってきたところ警察がおじさんに職務質問している光景を目にしました。
何を話しているかはわかりませんでしたが、おじさんは自分の人生について愚痴をこぼしているようでした。