自分は大晦日の夜は普通に職場で働いていたのだが、その日に近くのイベントでカウントダウンパーティーに行く予定があって休んだ同僚が終わった後に年越しそばを持って職場に顔を出すと最後に会ったときに話していたのでそれなりに期待していたものの結局姿を現さずがっかりしていて、その後年が明けてから彼に会うと準備は本当にしていたのだけど酒に酔い潰れて眠ってしまっていたと釈明されてしまいまぁそんなもんかと諦めた。
今年の年末にまた機会があったらよろしくと頼んだけれど彼もそして僕もまた今年の終わりまで今の職場にいるかどうかは分からないのでそれもまた口約束で終わるんだろうなと寂しいような面白さがあったのだった。